DX事例

DX人材とは?育成方法や求められるスキルの紹介!

DX人材とは?育成方法や求められるスキルの紹介!

「DX人材って具体的に何をするの?」「DXに必要なスキルは?」「自社でDX人材を育成する方法はあるの?」そう思う方もいるのではないでしょうか。

 

DX人材は、デジタルトランスフォーメーションの推進に欠かせない重要な役割を担います。

そのため、適切なスキルセットと育成方法を理解することが不可欠です。

 

この記事では、「DX人材とは何か」から始まり、必要とされるスキルセット、効果的な育成方法について詳細に解説していきます。

 

デジタル変革を成功に導くための鍵を握るDX人材の全てを、ここで紐解いていきましょう。

 

デジタルトランスフォーメーションに不可欠なDX人材とは

 

DX人材の定義と重要性

DX人材とは、デジタルトランスフォーメーション(DX)を進める過程で必要とされる、特定のスキルと実行力を兼ね備えた人材を指します。

 

これらの人材は、単に技術的な知識を持つだけではなく、自社のビジネスを深く理解し、チーム内で協調しながら仕事を進める能力が求められます。

 

また、問題を解決し、新たな価値を創造するための主体性や好奇心が不可欠です。

 

DX人材は、新技術に対する学習意欲が高く、リーダーシップを発揮しながら効果的なコミュニケーション能力を持っていることが期待されます。

 

DX人材の役割の理解

DX人材の役割に関する広く知られた定義はまだ確立されていませんが、経済産業省のガイドラインでは、デジタル技術やデータ活用に精通した人材、事業部門の業務内容を深く理解しながらDXをリードする人材が挙げられています。

 

DXの実現には、デジタル技術に精通した人材だけでは不足であり、事業部門の深い理解とDXプロジェクトの統括能力が必要とされています。

 

デジタル技術者と事業部門の協力が重要であり、この連携によってDXの取り組みが実現されます。

 

DX人材とIT人材の相違点の理解

1. DX人材:デジタルトランスフォーメーションの推進者

DX人材は、デジタルトランスフォーメーション(デジタルによる変革)の推進に必要な先進的なIT技術を活用し、企業のデジタル化を進める人材を指します。

 

このカテゴリーには、ビッグデータ、IoT、人工知能(AI)、データサイエンスなど、データを効果的に活用するための技術が含まれます。

 

DX人材は、従来型のIT人材と比較して、新しい技術の習得に積極的で、ビジネスの視点を持ち、チームワークを重視します。

 

2. IT人材:伝統的システムの専門家

一方、IT人材は、伝統的なシステム開発、運用、保守に従事する専門家を指します。

 

2022年の日本では、このタイプのIT人材は約90万人とされ、主に大手企業での勤務が多いと言われています。

 

経済産業省の調査によれば、2030年までにこのタイプのIT人材は供給過多となる一方で、DX人材は55万人不足する見込みです。

 

従来型IT人材は、AIやデータサイエンスなどの新技術を学ぶことでキャリアアップし、DX人材に転換するチャンスがあります。

 

3. 役割とスキルの違い

DX人材とIT人材の主な違いは、役割とスキルの面にあります。

 

従来のIT人材は主にシステムの構築と運用に焦点を当てていますが、DX人材はデジタル技術を用いてビジネスの変革を牽引します。

 

DX人材はアジャイル開発や最新のデジタル技術に通じており、変革を恐れずに挑戦するマインドセットを持つ必要があります。

 

これに対し、IT人材はウォーターフォール開発や既存のITシステムに関する深い知識を持っています。

 

DX人材が求められる主な理由

 

経済的リスクと「2025年の崖」への対応

経済産業省の『DXレポート』によれば、2025年までに古いシステムの刷新を行わない場合、年間最大12兆円の経済損失が予測されています。

 

古くなったシステム(レガシーシステム)が原因で、企業のデータ活用や内部連携が滞り、重大な経済的損失につながる恐れがあるのです。

 

この「2025年の崖」と呼ばれる危機的状況を回避するためには、DX推進に必要な人材の育成と採用が急務です。

 

デジタル変革と労働者人口の減少

少子高齢化により日本の労働者人口は減少しています。

この問題に対処するため、企業はDXによる業務効率化や生産性の向上を図る必要があります。

 

DX人材を活用して効率的な業務プロセスを実装することで、労働者人口の減少による影響を最小限に抑えることが可能です。

 

新型コロナウイルスの影響

新型コロナウイルスの流行は、多くの企業にテレワークの導入を促しました。

 

この変化に迅速に適応できた企業はDXを進めることができましたが、対応できなかった企業ではDXの遅れが顕著になりました。

 

この状況は、企業や社会全体でDXが重視され、それを推進する人材が求められていることを示しています。

これらの理由から、DX人材は日本社会全体で強く求められています。

 

企業はレガシーシステムの更新、業務効率化、テレワーク環境の整備など、多様な分野でDXを進める必要があり、そのための専門知識とスキルを持った人材が不可欠です。

 

DX人材の不足が日本で深刻化している理由

 

DX人材の需要と不足の現状

近年、企業や組織のデジタル化が進んでいますが、その過程で導入された古いシステム(レガシーシステム)が放置されるケースが多く、これによりデータの孤立や利活用の停滞が生じています。

 

働き方改革や人手不足の影響で、DX推進の動きはさらに加速しており、DX人材の需要は増加していますが、その供給は追いついていない状況です。

 

日本企業におけるDX人材不足の具体的な数値

情報処理推進機構(IPA)の『DX白書2023』によると、日本企業のうちDX人材が「充足している」と回答したのはわずか10.9%であり、米国の73.4%と比較するとその差は歴然です。

 

さらに、「大幅に不足している」との回答は日本で49.6%に上昇しており、DX人材の量的な不足が顕著になっています。

 

DX人材不足の影響

DX人材不足の状況は、日本企業のデジタル変革の進行を阻害しています。

 

DXを推進する人物像を明確に設定している企業では、DX人材が「充足している」との回答が25.4%ありましたが、設定していない企業ではこの割合は5.1%に留まり、「大幅に不足している」との回答が59.6%となっています。

 

これは、DX人材の確保に向けた明確な目標設定が不足していることが、人材不足の一因であることを示唆しています。

 

これらのデータから、日本企業が直面するDX人材不足の問題が深刻であり、効果的な対策が求められていることが明らかです。

 

デジタル変革を推進するためには、DX人材の育成、採用、および役割の明確化が必要であり、これは日本社会全体の課題と言えます。

 

DX人材が求められる8つの職業

 

ビジネスプロデューサー/プロジェクトマネージャー

ビジネスプロデューサーやプロジェクトマネージャーは、デジタル変革を牽引する重要な役割を担います。

彼らはビジネス戦略を策定し、デジタルプロジェクトの指揮を執ります。

 

自社のビジネスや市場の深い理解、そして組織内の調整能力が不可欠です。彼らが果たす調整力やマネジメント能力により、DXプロジェクトの成否が左右されます。

 

ビジネスデザイナー

ビジネスデザイナーは、新しいデジタルビジネスモデルや戦略を具体化し、実行に移します。

彼らは創造的思考能力を持ち、組織内でのファシリテーションやチームの合意形成を図ります。

 

DXプロジェクトの成功は、彼らが描くビジョンの明確さと実行可能性に依存します。

 

データサイエンティスト

データサイエンティストは、ビッグデータの分析や機械学習の活用によって、新たなビジネスインサイトを提供します。

彼らの技術と知見は、データ駆動型の意思決定を支え、DX戦略の有効性を高めます。

 

AIエンジニア

AIエンジニアは、人工知能技術の開発と応用に従事します。彼らは業務自動化や新たなサービスの開発において、中心的な役割を果たします。

 

DXにおけるAI技術の導入は、ビジネスプロセスの効率化や新たな顧客体験の創出に寄与します。

 

UI/UXデザイナー

UI/UXデザイナーは、ユーザーインターフェースとエクスペリエンスの設計に携わります。

彼らの仕事は、デジタルプロダクトやサービスの使いやすさと魅力を高め、顧客満足度を向上させることです。

 

アーキテクト

アーキテクトは、システムの全体設計を担当し、ビジネス要件を技術的解決策に変換します。

彼らの専門知識は、効果的なデジタルソリューションの開発に不可欠です。

 

エンジニア/プログラマ

エンジニアやプログラマは、DXプロジェクトにおいて実際のシステム開発やプログラミングを担当します。

彼らの技術力は、アイデアを現実の製品やサービスに変えるために必要です。

 

先端技術エンジニア

先端技術エンジニアは、最新のデジタル技術を活用して、新たなビジネス機会を創出します。

彼らの革新的なアプローチは、DXプロジェクトに新鮮な視点と解決策をもたらします。

 

DX人材に共通して必要なスキル

 

DX人材が持つべき能力は多岐にわたりますが、以下では主要なスキルを分類して解説します。

これらのスキルを兼ね備えた人材がDXの推進に大きく貢献します。

 

ハード面

DX人材には、ITとビジネスの両面で活躍できるハードスキルが求められます。

 

これには基本的なIT知識、AIなどの最先端技術に関する知識、新サービスの設計、新しい業務プロセスの定義などが含まれます。

 

この知識は、デジタル技術をビジネスに適用し、革新を生み出すために不可欠です。

 

ソフト面

DX人材には、柔軟なコミュニケーション能力や調整力も求められます。

これにはプロジェクトマネジメント、リーダーシップ、チーム内外での協力を促進する能力が含まれます。

 

異なる専門分野の人材と協働し、共通の目標に向かって進めることが重要です。

 

DX人材に必要とされる資質

 

DXの進展を牽引する人材には、デジタル技術の知識だけでなく、特定の資質が求められます。

特に、変化に富んだビジネス環境で成功を収めるためには、以下のような資質が重要です。

 

不確実な未来への創造力

DX人材は、自ら新たな領域に取り組む姿勢が求められます。

これには、未来のビジョンを描き、新分野への挑戦を厭わず、現状を把握し課題を設定する能力が含まれます。

 

臨機応変・柔軟な対応力

計画通りに進まない状況でも柔軟に対応し、目標達成に向けて方向転換をいとわない姿勢が求められます。

固定観念に囚われず、変化に適応する能力が必要です。

 

社外や異種の巻き込み力

対立するメンバーをも巻き込み、外部との協力を図る包容力が求められます。

異なる背景を持つ人々との交流を通じて、自己成長や新たな変化を引き出す力が重要です。

 

失敗したときの対応力

一時的な失敗を恐れず、それを学びの糧として前進できる姿勢が求められます。

失敗を乗り越え、新たな解決策を見出す能力が重要です。

 

モチベーション・意味付け能力

自ら解決したい課題を明確にし、前向きに取り組む意欲が求められます。

主体性と好奇心を持ち、自己のモチベーションを維持する力が必要です。

 

自己の突破力

困難な状況に陥った時にも、解決策を見出し、壁を突破するリーダーシップが求められます。

問題に直面しても諦めず、責任感を持って取り組む姿勢が重要です。

 

越境学習のスキル

自分の専門領域に留まらず、他の分野の知識を学ぶ能力が求められます。

異なる分野の知識を統合し、新しい視点やアイデアを生み出す能力がDX人材には不可欠です。

 

これらの資質は、DXを進める際に遭遇する不確実性や複雑性に対応するために必要です。

DX人材は、これらの資質を持つことで、デジタル変革を成功に導く重要な役割を果たします。

 

DX人材の重要性

 

DXの真の目的:事業変革

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、単に技術の導入を超えた事業変革を目指します。

 

成功するためには、デジタル技術の理解に加えて、周囲を巻き込む力、プロジェクトマネジメント、コミュニケーションスキルなど、多岐にわたるスキルと知識、そして適切なマインドセットが必要です。

 

DX人材の多様な役割

DX人材という用語の範囲は広く、多様な職種や役割を含んでいます。

自社が必要とするDX人材を明確に定義し、それに合わせた育成や採用戦略を立てることが重要です。

 

デジタル技術の直接的な使用能力だけでなく、デジタル技術を活用する方法を学び、DXを推進できる人材に成長することが可能です。

 

社内人材の重要性

日本では、DX人材の不足が予想される中、外部からの採用に依存するだけでは十分な人材獲得は困難です。

そのため、社内人材の育成にも目を向け、DX人材を増やす取り組みが求められます。

 

DX人材の不足

 

日本におけるDX人材不足の実態

国際経営開発研究所(IMD)の「世界のデジタル競争力ランキング2022」では、日本はデジタル技術スキルにおいて低いランキングを記録しています。

 

特に「人材/デジタル・技術スキル」のカテゴリで62位という結果は、日本におけるIT人材およびデジタル技術の不足を示唆しています。

 

日本企業における課題

総務省の調査によると、日本企業は他国と比較して人材不足を大きな課題と捉えています。

この人材不足は、日本のデジタル化における障壁となっており、企業はDX推進において早急な対策が必要とされます。

 

DX推進のための企業の役割

日本企業は、変化の激しいグローバル市場での競争優位を築くためにDXの推進が急務となっています。

 

DXを効果的に推進するためには、DX人材の確保が不可欠であり、企業は採用や育成を通じてDX人材を獲得する必要があります。

 

DX人材育成の企業事例

 

企業名 取り組み 特色
ダイキン工業株式会社 社内講座「ダイキン情報技術大学(DICT)」設立、2023年までに1,500人のAI人材育成目標 幅広い講座を提供、新入社員の育成に重点
日清食品ホールディングス 「DIGITIZE YOUR ARMS」スローガン採用、全社員のデジタルスキル向上 「ローコード開発ツール」導入による内製化推進
キリンホールディングス 「キリンDX道場」開校、DX人材育成プログラム展開 段階的コース設定、ビジネスアーキテクト育成に注力
ソフトバンク株式会社 DX本部設立、120名の社内人材をDX人材候補として研修 「事業プロデューサー制度」導入、OJTとOFF-JTの組み合わせ研修
NECマネジメントパートナー株式会社 AI活用サービス開発プロジェクト立ち上げ、人材育成 「ビジネスアナリスト」「データアナリスト」「サービスプランナー」の3タイプ人材育成
中外製薬株式会社 デジタル戦略推進部設立、各部門との連携強化 450件以上の効率化・新規事業アイデア創造
株式会社小松製作所 AI人材育成プログラム展開 スマートコンストラクション導入による施工最適化
トラスコ中山株式会社 部門横断型ジョブローテーション人事によるビジネスノウハウ共有 在庫出荷率向上、デジタル人財強化
株式会社フジワラテクノアート 部門横断委員会によるDX挑戦、システム構築・運用 従業員主導のDX推進、デジタルスキル向上
株式会社土屋合成 ITシステム最適化、全社的DX推進 従業員のITリテラシー向上、業務効率化
グランド印刷株式会社 DXプロデューサー育成、社内ITシステム連携強化 新規事業立ち上げ、既存業務効率化
住友重機械工業株式会社 DXリテラシー向上研修展開 実データ活用の問題解決型研修、次世代リーダー育成
サッポロホールディングス株式会社 全社的DX推進のためeラーニング導入 組織全体のDXリテラシーレベル底上げ
農林水産省 BIツール活用、データサイエンティスト内部育成 政策データ活用、業務変革実現
アサヒグループジャパン株式会社 「クリエイティブ・ビジネス企画」と「ビジネス・アナリスト」プログラム立ち上げ 受講希望者が想定の2.5倍以上、専門性の高い研修プログラム
りそなホールディングス 「データサイエンス室」設置、顧客データ分析に特化 BIツール「Tableau」使用、データ分析・活用リテラシー向上
NTTコムウェア株式会社 「データサイエンス推進室」新設、考え方含む研修実施 データサイエンス領域の人材拡充、サービス開発支援力強化
SOMPOホールディングス 全社員対象DX人材育成計画策定 「DX企画人材」「DX専門人材」「DX活用人材」の3分類研修
ENEOSホールディングス株式会社 「ABCD」スキル定義に基づくDX研修プログラム実施 1000名以上基礎研修受講、32名AI関連資格取得
KDDI株式会社 「KDDI DX University」設立、4Dサイクル教育 2023年度までに4,000名DX人財増加目標
三井不動産株式会社 従業員1,700名対象DX研修「DxU」開始 6要素に基づく研修、2025年度100名ステップ4修了目標
日本郵船株式会社 NYKデジタルアカデミー設立、海運・陸運シームレス化人材育成 半年間イノベーション手法研修、社内改革・新規事業応用

まとめ

 

DX人材の育成と獲得は、企業がデジタルトランスフォーメーションを成功させる上で重要な要素です。

 

多くの企業がDX推進に向けた様々なアプローチを採用しており、それぞれの戦略には独自の特徴と強みがあります。

 

社内での積極的な人材育成、外部からの専門人材の獲得、実践的な教育プログラムの導入など、各企業はDXの推進とそれに伴う人材育成に多大な努力を注いでいます。

 

最終的に、DXは単なるテクノロジーの導入以上のものであり、人材のスキルアップと組織文化の変革が実現でき、日本の今後を大きく変えるものになるでしょう。

RELATED

関連記事

NEWPOST

新着記事

掲載記事から探したいキーワードを入力してください。

HOTWORD

注目ワード