DX事例

【実はおかしい】なぜ電気料金値上げするのか?デジタルグリッドで電気代が爆下がりの真実!

【実はおかしい】なぜ電気料金値上げするのか?デジタルグリッドで電気代が爆下がりの真実!

電気料金が下がるDX【デジタルグリッド】とは?

DXの新時代:再エネ電力の流通

デジタルグリッドは、再エネ電力の流通を更に効率化・高度化するための技術。再エネを中心にした電力の流通が今まで以上にスムーズに行われ、消費者と発電家の間での取引が直接、リアルタイムで行えるようになる。

 

家庭で発電した太陽光電力を、たとえばレンタル電動バイク事業で使用することが可能となり、その「環境価値」までも取引の対象として扱われることが特徴的だ。

 

デジタル技術の統合

ブロックチェーン技術の導入により、電力の売買状況を追跡可能とし、どこでどれだけの環境価値が生まれたかや、どのように利用されたのかがリアルタイムで分かる。これにより、電力の流通とその価値を最適化することが可能となる。

 

電力の新しい市場創出

小口の発電家も参入が容易になったこのシステムは、発電家が自らの電力に価値をつけ、需要家がその価値に基づいて選択することができる。従来の電力取引とは一線を画す、新しい市場が形成されつつある。

 

デジタルグリッドが作る世界

 

電力取引の透明化

ブロックチェーン技術を活用することで、電力取引の全過程が公開され、透明化が進む。これにより、不正な取引の防止や信頼性の向上が期待される。

 

分散エネルギーリソースの最適活用

デジタルグリッドを導入することで、各家庭やビル、企業が持つ再生可能エネルギー発電設備や蓄電装置を、一つの大きなバーチャルパワープラントとして動かすことが可能に。これにより、電力の供給と需要のバランスをより高度に最適化し、エネルギーのロスを大幅に削減できる。

 

新しいサービスの創出

デジタルグリッドの技術をベースに、新たなエネルギー関連のサービスやビジネスが次々と生まれてくる。例えば、電力を余らせている企業や家庭が、それを他のニーズがある場所に直接売買するといったことが日常的に行われるように。

 

デジタルグリッドは今までと何が違う?

 

従来の電力網との差別化

従来の電力網は、大規模な発電所から一方向的に電力を供給する形態が基本だった。しかし、デジタルグリッドでは、多方向の電力の流れをリアルタイムで管理・最適化することが可能になる。

 

データ活用の進化

再生可能エネルギーの導入が進む中で、その変動する出力を予測・管理することが一層重要となってきた。デジタルグリッドは、この予測をデータを基に行い、より正確な電力供給を実現する。

 

利用者側の参加拡大

デジタルグリッドのもたらす最大の特徴は、消費者が電力供給側としても参加することが増えてきた点だ。これにより、電力市場における新しい価値創出が期待される。

 

デジタルグリッドの仕組み

リアルタイムデータの管理

デジタルグリッドは、多数のセンサーやデータ収集装置を通じて、電力の消費状況や発電状況をリアルタイムでキャッチし、その情報を基に電力供給の最適化を行う。

 

ブロックチェーンの活用

電力取引の記録や契約内容をブロックチェーン技術で確実に保存。これにより、取引の信頼性を保ちつつ、取引のスピードアップやコストの削減を実現する。

 

AIとの連携

AI技術を活用することで、電力の需要予測や供給最適化の計算を高速に行う。また、異常検知や網の健康診断など、電力網の安定管理にも寄与する。

 

参考サイト:inet

RELATED

関連記事

NEWPOST

新着記事

掲載記事から探したいキーワードを入力してください。

HOTWORD

注目ワード