DX事例

超高層ビル建設が進化!最新テクノロジーで現場がもっとスマートに

超高層ビル建設が進化!最新テクノロジーで現場がもっとスマートに

建設現場は近年、テクノロジーの進歩によって大きく変化しています。ロボットや情報共有技術、解析ソフトの活用、そしてBIM(Building Information Modeling)による効率化が進んでおり、建築現場がよりスマートで効率的になっています。

本記事では、これらの技術が現場でどのように活用されているかをわかりやすく解説していきます。

 

ロボットたちが現場をサポート

 

Robo-Buddy

自動搬送ロボット ロボットの中でも、Robo-Buddyは建設現場で大活躍しています。この自動搬送ロボットは、資材を運ぶのにとても役立ちます。

 

1階と搬入階のロボットが自動化されたエレベーターと連携して、素早く資材を運びます。

 

人がフォークリフトでエレベーターに資材を積み込んでから、ロボットが自動で資材を下ろし、仮置き場からフロアの指定された位置に間配りします。

 

これにより、作業がスムーズに進み、効率が向上します。

 

Robo-Welder

溶接ロボット 建設現場での溶接作業も、ロボットがサポートしています。

 

Robo-Welderという溶接ロボットは、溶接線ごとにセンシングし、開先形状を確認した後に、狙いの位置を計算し、的確な溶接を行います。

 

40~100ミリの極厚の鉄骨でも欠陥なく溶接ができるので、建物の強度が向上します。さらに、5~11ミリのギャップを修正して対応するため、柔軟に作業ができます。

 

Robo-Spray

耐火塗料吹き付けロボット 建物の安全性を確保するために、耐火塗料の吹き付け作業が重要です。

Robo-Sprayというロボットは、その作業を効率的に行います。

 

このロボットは自動で塗料を吹き付けるため、作業員が危険な場所に近づくことなく、安全に作業が進められます。

 

また、ロボットが均一に塗料を吹き付けることで、建物の耐火性能が向上し、長期的に安心して利用できる建物ができ上がります。

現場での情報共有が効率化

スマートステーションで打ち合わせが便利に

建設現場での打ち合わせが、スマートステーションという便利なシステムで効率化されています。

 

スマートステーションは、タブレットやスマホで簡単にアクセスできるデジタルコンテンツが使えるため、現場の情報共有がすばやくできます。

 

さらに、ビデオ通話やデータ共有が可能なので、遠隔地にいるスタッフともスムーズにコミュニケーションが取れます。

 

これにより、問題が発生した際に素早く対応でき、作業が遅れることを防ぐことができます。

スマート分電盤で電力管理も一手に

建設現場では電力の管理が重要ですが、スマート分電盤を利用することで、これも効率化されています。

 

スマート分電盤は、電力の使用状況をリアルタイムで把握でき、無駄な電力消費を削減することができます。

 

さらに、遠隔操作が可能なため、電力トラブルが発生した際に迅速に対応できます。これにより、建設現場での電力管理がスムーズになり、作業効率が向上します。

Wi-Fiメッシュ網で現場全体がつながる

建設現場での情報共有をさらに効率化するために、Wi-Fiメッシュ網が活用されています。

Wi-Fiメッシュ網は、複数のアクセスポイントが連携して広い範囲をカバーし、インターネット接続が安定するシステムです。

 

これにより、現場全体がつながり、スタッフ同士のコミュニケーションが円滑になります。

 

また、現場で必要な情報やデータがすぐに手に入るため、作業効率が向上し、プロジェクトの進行がスムーズになります。

解析ソフトで監視がよりスマートに

Tableauを使ったモニタリングシステム

Tableauは、データをビジュアル化して分析するソフトウェアで、建設現場でも活用されています。

 

Tableauを使ったモニタリングシステムでは、現場で収集されたさまざまなデータが一元化され、わかりやすいグラフやチャートにまとめられます。

 

これにより、現場の状況が一目で把握でき、問題点や改善点を迅速に見つけることができます。また、データの共有や比較が容易になるため、スタッフ同士のコミュニケーションも円滑になります。

 

タワークレーンと仮設エレベーターの監視

建設現場では、タワークレーンや仮設エレベーターが重要な役割を果たしています。

 

これらの機器の監視も、解析ソフトを活用することでよりスマートになります。

 

遠隔監視システムを使って、タワークレーンや仮設エレベーターの動きや状態をリアルタイムで把握できます。

 

これにより、機器の故障や異常を早期に発見し、迅速に対応できるようになります。また、安全面でも、事故のリスクを低減できます。

 

クラウドとAIでデータ分析がパワーアップ

クラウド技術とAI(人工知能)を活用することで、建設現場で収集されたデータの分析がさらに進化しています。

 

クラウド技術を使ってデータを一元化することで、どこからでもアクセスが可能になり、現場スタッフや関係者との情報共有が容易になります。

 

さらに、AI技術を使ってデータ分析を行うことで、膨大なデータから有益な情報を見つけ出すことができます。

 

これにより、建設現場の効率化や品質向上に役立てられ、プロジェクトの成功に繋がります。

BIM活用でデザインや工程がスムーズに

BIMが建築現場の共通言語に

BIM(Building Information Modeling)は、建物の設計、施工、管理に関わる情報を3Dモデルで一元管理する技術です。

 

BIMを使うことで、建築現場で働く人々が共通の言語で情報を共有できます。

 

これにより、設計者やデザイナー、工事スタッフ、協力業者など、さまざまな専門分野の人々がスムーズに連携できるようになります。

 

また、BIMを使ったデジタル承認も目指されており、現場の効率化が進むでしょう。

 

複雑な3D曲面の取り合いも効率化

建築物のデザインや構造が複雑化する中、BIMは複雑な3D曲面の取り合いも効率化する役割を果たします。

 

例えば、外装カーテンウォールと巨大なガラスひさしのデザインの取り合いにBIMを活用することで、関係者が一目で理解できるモデルを作成できます。

 

これにより、設計者や協力業者との協議がスムーズに行われ、より効率的なデザインや施工が可能になります。

 

BIM標準化で未来の建設現場へ

現在、建築業界ではBIMを活用した設計業務の標準化が求められています。

 

設計事務所、ゼネコン、サブコンで使うBIMソフトが異なっていたり、設計変更の対応で通常のCADよりも手間がかかっていたりする問題があります。

 

標準化により、これらの問題を解決し、BIMの活用がさらに進むことで、未来の建設現場がより効率的でスマートなものになるでしょう。

 

人とデジタルが補完し合いながら、人と技術のベストミックスで工事に挑むことが大切です。

 

まとめ

近年の建設現場では、さまざまなロボットや情報共有技術、解析ソフトの活用、BIMによる効率化が実現されています。

 

これらの技術を活用することで、現場の安全性や効率が向上し、従来よりもスムーズで質の高い建築物が生み出されています。

 

今後も、人とデジタルが補完し合いながら、人と技術のベストミックスで工事に挑むことが、未来の建設現場をさらに進化させる鍵となるでしょう。

RELATED

関連記事

NEWPOST

新着記事

RANKING

月間ランキング

HOTWORD

注目ワード

CONTENTS

コンテンツ一覧

掲載記事から探したいキーワードを入力してください。

HOTWORD

注目ワード