DX事例

日本の自動車のCO2排出削減目標とは?海外との違い

日本の自動車のCO2排出削減目標とは?海外との違い

日本の目標

日本政府は、2020年10月に温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「カーボンニュートラル(CN)」の実現を目指すことを宣言しました。

 

その一環として、自動車産業においても2035年までに乗用車新車販売で電動車100%を実現するための包括的な措置を講じることを決定しました。

 

この取り組みは、自動車産業において、電動化がカーボンニュートラルの実現に向けた重要な動きであることを示しています。

 

日本政府は、このような取り組みによって、温室効果ガスの排出量を大幅に削減し、国際的な環境保全の貢献を目指しています。

 

具体的には、エネルギー・産業部門の構造転換、大胆な投資によるイノベーションの創出など、様々な取り組みが必要とされます。

 

日本の自動車のCO2排出量

提供された情報によると、日本の2020年度の二酸化炭素排出量のうち、運輸部門からの排出量は約1億8,500万トンであり、日本全体の二酸化炭素排出量の17.7%を占めています。

 

このうち、自動車全体では、運輸部門の87.6%を占め、旅客自動車が運輸部門の48.4%、貨物自動車が39.2%です。

 

そのため、日本政府は、2050年までにカーボンニュートラル(CN)の実現を目指すことを宣言し、2035年までに乗用車新車販売で電動車100%を実現するため、包括的な措置を講じるとしています。

 

また、運輸部門での脱炭素化に向けた取り組みは、非常に重要なものと考えられており、自動車産業における脱炭素化に向けた取り組みが進められています。

 

具体的には、電気自動車の普及を促進する補助金制度の拡充や、水素燃料電池車の開発などが行われています。これらの取り組みにより、自動車産業が脱炭素化を進め、運輸部門の二酸化炭素排出量を削減することが期待されています。

 

2030年の日本の目標

2020年に日本政府は、地球温暖化対策推進本部において、2030年度に2013年度比で温室効果ガスの排出量を26%削減することを目標として掲げました。

 

この削減目標は、日本がパリ協定に署名しているため、地球温暖化対策として国際社会に報告するものであり、欧州連合(EU)やアメリカ合衆国などの先進国と同様、温室効果ガスの排出量削減目標を設定しています。

 

2030年度に排出量削減目標を達成するためには、二酸化炭素を削減するための省エネルギー対策や再生可能エネルギーの利用拡大などが必要です。

 

また、2021年10月には地球温暖化対策計画が改定され、カーボンニュートラルの実現に向けた具体的な施策が盛り込まれました。

 

欧州のCO2の排出量

欧州連合(EU)の温室効果ガスの排出量は、日本の排出量の約2倍にあたる約8億トンの二酸化炭素を排出しているとされます。

 

そのため、EUでは自動車メーカーに対して、平均燃費基準の削減などの取り組みを求めています。

 

2021年7月には、欧州委員会が「Fit for 55」という政策パッケージを発表し、2030年までに温室効果ガスの実質排出量を1990年比で少なくとも55%削減する目標を掲げています。

 

これにより、EU内での自動車メーカーの取り組みがより一層求められることになります。

 

提供された検索結果から、アメリカ合衆国は自動車排出ガス規制に関する政策変更により、排出規制が緩和されたり強化されたりすることがあることが分かります。

 

アメリカのCO2排気量の取り組み

前トランプ政権下では、乗用車およびライトトラックの排出基準が緩和されました。

 

しかし、バイデン政権は2050年までにカーボンフリーを目指すため、自動車の排出量削減を進めるため、燃費・GHG排出ガス規制の見直しを進めています。

 

また、カリフォルニア州は2035年以降、州内でのガソリン車やハイブリッド車などの新車販売を全面的に禁止する新たな規制案を決定しています。

 

そのため、アメリカの自動車排出ガス規制には緩和や強化が含まれており、政策変更により異なる結果が生まれることがあります。

 

ドイツのCO2排気量の取り組み

ドイツは、1990年と比較して、2030年までに少なくとも65%、2040年までに少なくとも88%の経済全体の温室効果ガス排出削減目標を設定しています。

 

同国は、2045年までに気候中立を達成し(EUの目標より5年早く)、2050年以降は負の温室効果ガス排出を実現することが目標です。

 

国内の野心的な気候目標を達成するためには、すべてのセクターで温室効果ガス排出削減を進める必要があります。

 

ドイツは、2030年まで6つの個別のセクターに対して年間CO2排出予算を設定し、モニタリングと政策調整のメカニズムを導入しています。

 

ドイツの気候政策は、EUの気候関連法規に合わせられており、EU排出取引制度(ETS)、努力分担規制、交通および土地利用法規を含みます。

 

EU努力分担規制(ETS以外のセクターをカバー)における温室効果ガス排出削減目標は法的拘束力を有しており、ETS以外のセクターにおける国内の温室効果ガス排出削減目標は、2005年のレベルから2020年には14%、2030年には38%に設定されています。

 

2013年から2020年までの間、ドイツは、特に交通と建物セクターにおいて、主要な目標は未達成でした。

 

ドイツの国家気候目標は、2019年に承認され2021年に改正された連邦気候変動法(Bundes-Klimaschutzgesetz)に定められています。

 

この法律は、エネルギー、(小規模)産業、建物、輸送、農業、廃棄物などの6つの個別セクターについて、定量化された年間の温室効果ガス(GHG)排出削減目標を設定しています。

 

これらの目標は直線的な軌跡をたどり、欧州のGHG削減計画と整合している。排出削減のペースはセクターによって異なっており、各部門の年間排出削減目標は2030年まで強化され、2024年には新たな排出量予算が設定されています。

 

連邦気候変動法は、強制的な排出量監視メカニズムを導入し、セクターごとの排出量は毎年評価され、セクターごとの目標と比較されある部門が年間目標を達成できなかった場合、3ヶ月以内に担当省庁が即席プログラムを作成しなければならないです。

 

インスタントプログラムは、その後、独立した気候変動専門家評議会によって審査され、評議会は連邦気候変動法の実施について政府に発言しすでに2つの省庁が2021年のインスタントプログラムを受け、追加の気候対策を講じました。

 

要約すると、連邦気候変動法では、6つのセクターについてセクターごとの年間排出削減目標が定められており、排出量モニタリングの仕組みが義務付けられています。

 

セクターが年間目標を達成できなかった場合、そのセクターの軌道を調整するためにインスタントプログラムを準備しなければなりません。

 

このメカニズムにより、是正措置が期限内に取られ、すべてのセクターが国の気候変動対策において役割を果たすことが保証されます。

 

CO2の排出量のまとめ

今回は、日本と海外の自動車のCO2の排出量や取り組みについて紹介させていただきました。

 

日本は、欧州よりも目標が低いことや、EVへの取り組みが低いことで物議を醸したようですが、今後日本の水素をはじめ新しい、エネルギーの開発に期待ですね。

 

ビルポでは現在、施設の電力削減のDXに取り組んでいます。

 

気になる方は、以下の記事で紹介しています。

ビルポの設備DXが日本を変える!?

 

そのほか、エネルギー関連の記事

世界のCO2の排出量ランキング

実は凄い日本の石炭火力発電

水エンジンが世界を変える、TOYOTAだけが水素じゃない

出典参照元:

環境省HP

駐日欧州連合代表部HP

ジェトロHP

OECD

Clean Energy Wire

LSE

RELATED

関連記事

NEWPOST

新着記事

RANKING

月間ランキング

HOTWORD

注目ワード

CONTENTS

コンテンツ一覧

掲載記事から探したいキーワードを入力してください。

HOTWORD

注目ワード