DX事例

簡単に解説:Amazonハブとは?問題点はある?利用者の声も紹介!

簡単に解説:Amazonハブとは?問題点はある?利用者の声も紹介!

今回は、Amazonハブというものを簡単に紹介しようと思います。

 

今や、当日翌日配送が当たり前になった、Amazonのサービスですが、数年前からAmazonハブというものが登場したのをご存知でしょうか?

しかし、Amazonハブには知られざる闇が隠されていました。

 

一見、便利で地域の方の雇用も創出しているように見えますが、

実は、そうではありませんでした。

今回は、その辺りも紹介します。

 

そもそもAmazonとは?

 

Amazon の歴史は、1994 年にジェフベゾスが自宅のガレージで会社を設立したときに始まりました。

 

彼には、世界で最も顧客中心の企業になるというビジョンと、人々がオンラインで購入したいものを何でも見つけて発見できる場所を構築するというビ思いで創業しました。

 

長年にわたり、Amazon はオンライン書店から世界クラスのECサイトとして成長し、世界中の数十のカテゴリと市場で数百万の製品を提供しています。

 

また、クラウドコンピューティング、AI、ロボティクスなどの新しいテクノロジーを開拓しており、イノベイションを起こし、顧客により良いサービスを提供するための新しい方法を常に生み出しています。

 

Amazonの現在

 

現在、Amazon は、オンライン小売、クラウド コンピューティング、デジタル メディア、家庭用電化製品など、さまざまな製品とサービスを提供しています。

 

Amazon のオンライン小売事業は、世界最大のECサイトであり、本やアパレルから電化製品や家庭用品に至るまで、数十のカテゴリの数百万の製品を提供しています。

 

Amazonのクラウド コンピューティング部門であるアマゾンウェブ サービス (AWS) は、あらゆる規模の企業や組織にエンタープライズ レベルのクラウド コンピューティング ソリューションを提供しています。

 

Amazon はまた、映画、音楽、書籍など、さまざまなデジタル メディアを制作および販売しており、家電部門では、Kindle、Echo、Fire TV などのデバイスを提供しています。

 

Amazonハブとは?

 

Amazonハブは、Amazon の荷物の配送と集荷サービスです。

配達員を待たずに荷物を受け取り、返却するための安全で便利な方法を顧客に提供しています。

 

Amazonハブでは、Amazon Locker、Amazon Hub Cities、Amazon Hub Lockers など、複数の集配場所から自由に選択できます。

Amazonハブを使用すると、顧客は昼夜を問わずいつでも荷物を受け取り、返却することができます。

 

利用方法は、サービスに登録し、荷物の受け取り/返却場所を選択します。

 

その後、顧客は荷物追跡の詳細を入力するだけで、指定された場所で荷物を受け取ることが出来ます。

また、Amazon Hub ウェブサイトを通じて荷物の配送状況を追跡し、配送を管理することもできます。

 

Amazon Hub デリバリーパートナープログラムとは?

Amazon Hub Delivery Partner Program は、Amazon が顧客に提供するサービスで、希望する場所への荷物の配送のためのシステムです。

 

このシステムにより、顧客は、請負業者、地元企業、国営企業など、幅広い配送パートナーから選択して、荷物を代わりに配送することができます。

 

顧客は、荷物の配送状況を追跡したり、配送設定を管理したり、配送に関する通知を受け取ったり、配送パートナーを評価することができます。

 

このプログラムは、配達パートナーに、顧客の配達期待に応えた報酬や Amazon サービスの割引など、金銭的なインセンティブも提供します。

 

Amazon Hub 配送パートナー プログラムは、お客様に便利で信頼性の高い配送体験を提供することを目的としています。

 

要するに、Amazonの配送を手伝うサービスがAmazonのデリバリーパートナーズプログラムです。

 

@amazonlabo ♬ オリジナル楽曲 – たなけん@年商50億マーケター – たなけん@EC大学

 

こちらのたなけんさんがTIKTOKで話されていますが、隙間時間に仕事ができるような、良いシステムのように思いますが。

捉え方を考えると、Amazonによってマーケットをドンドン支配されていることになります。

 

怖いですよね。

実店舗の売上を奪い、その後に自分達の仕事を押し付けるという強硬手段はまさに、EC業界のジャイアン…

 

こちらのサイトでも記載されていますが、Amazonの配送のために、配送現場は大変なことになっているようです。

当然ですよね、Amazon利用のユーザーとしては、小さなものを一つ配送でも送料が無料のこともあります。

 

でも、よく考えると私たちが同じサイズの物を送る場合かなりの金額になりますよね?

ということは、どこでその送料を賄っているのかと感じたことがある方は多いと思います。

 

結局は、現場の方の仕事量が増えて、会社としては仕事を受けなければいけないことから、Amazonから安く仕事を引き受けていることになります。

 

日本の人たちのことを思うと、脱Amazon!楽天を使おう!

とは、言えませんが、Amazonを利用するということは日本の国民のお金をAmazonに搾取されることになるので、やはり国内の企業のECサイトを使うべきではないでしょうか?

 

今回は、Amazonハブの闇について少し紹介しました。

日本人なら、楽天を利用してVISAではなくJCBを使用する方が、回り回って

日本人に帰ってくるので、迷われる時は国産を利用することをお勧めします!

RELATED

関連記事

NEWPOST

新着記事

掲載記事から探したいキーワードを入力してください。

HOTWORD

注目ワード