DX事例

DXとは?導入事例や導入についてをわかりやすく解説

DXとは?導入事例や導入についてをわかりやすく解説

「DXって何?」「DX導入の事例を知りたいけど、どこを見ればいいの?」「DXって本当にビジネスに役立つの?」 そう思う方もいるのではないでしょうか。

 

実は、DXは企業の業務効率化や革新を実現する手段です。

 

正しく理解し、適切に導入することで、ビジネスの競争力を大きく高めることが可能になります。

 

今回は、「DXとは何か?」から始め、具体的な導入事例や成功のポイントについてわかりやすく解説していきたいと思います。

 

DXの起源とは

 

デジタルトランスフォーメーションの始まり

DX、すなわちデジタルトランスフォーメーションは、スウェーデンのエリック・ストルターマン教授によって初めて提唱された概念です。

 

彼は、情報技術(IT)が私たちの日常生活に及ぼす前向きな変化に着目しました。

この観点から、ストルターマン教授は、デジタル化がもたらす社会的及び個人的な「変容」の重要性を強調しました。

 

DXの定義

デジタル・トランスフォーメーションは、英語で「変化」や「変形」を意味する「トランスフォーメーション」に由来しています。

 

これは、デジタル技術を用いて社会や個人の生活様式を一新することを指し、今日では広くこの定義で認識されています。

 

日本におけるDX

 

経済産業省によるDXの推進

2018年12月、経済産業省は「デジタルトランスフォーメーションの推進」を目指した取り組みを公表しました。

 

この中でDXは、企業がビジネス環境の変化に応じて、顧客や社会の要望に基づいて製品、サービス、ビジネスモデルの大幅な改革を図るプロセスとして定義されています。

 

また、この変革は、単に製品やサービスに限らず、企業の業務構造、組織、プロセス、さらには企業文化にまで及びます。

 

2025年の崖とその影響

経済産業省は2018年9月に「DXレポート~ITシステム『2025年の崖』の克服とDXの本格的な展開~」を発表しました。

 

このレポートは、日本企業がデジタル化を進めない場合、国際競争力を失い、2025年から2030年にかけて年間最大12兆円の経済損失が生じる可能性があると警告しています。

 

この危機感が、現在日本政府がデジタル改革を進める動機の一つとなっています。

DXへの理解

 

DXの基本的な理解

DXを進める上で重要なのは、その意味を正確に把握することです。

 

経済産業省が2020年に策定した「デジタルガバナンス・コード2.0」において、DXは企業のビジネス環境への適応、データとデジタル技術の活用、そして製品やサービスの変革に加え、業務プロセスや企業文化の全面的な変更を通じて競争優位を確立するプロセスと定義されています。

 

営業部門におけるDXの実践

DXは、単なる業務改善を超えた改革です。営業部門では、新しいIT技術を導入するだけではなく、生産性の向上や収益性の高いビジネスモデルへの変革が求められます。

 

これには、組織内での既存価値観の見直しや、イノベーションの推進が含まれます。

 

DXの混同される類義語

 

DXとDX化の類似点

DXとその略語である「DX化」は、実質的に同じ概念を指しています。

 

言い換えれば、DXとはデジタルトランスフォーメーションの略であり、「DX化」という表現は余分な接尾辞を付け加えたものに過ぎません。

 

そのため、単に「DX」と表現するのが一般的です。

 

IT化とDXとの区別

IT化は、情報技術を活用して業務効率を向上させることに重点を置いています。

 

これには、紙ベースの作業をデジタル化することや、情報交換の速度を高めるためのネットワークの整備などが含まれます。

 

しかし、IT化では業務の基本的なプロセスは変わらず、DXとは異なります。

 

AIの役割とDX

一方で、AI活用は、人工知能技術を用いてデータの分析や予測などを行い、業務をより効率的にすることを目的としています。

 

このAI技術は、DXの重要な推進力となっており、画像処理や音声認識など多岐にわたる分野で活用されています。

 

デジタイゼーションとの違い

デジタイゼーションは、アナログな方法をデジタル化することを指し、主に個別の業務やプロセスをデジタル技術で置き換えることを意味します。

 

デジタライゼーションの意味

デジタライゼーションは、組織や部門全体の業務プロセスをデジタル化し、効率化や生産性の向上を図ることです。

 

このプロセスは、顧客満足度の向上にも寄与します。

 

DXとの核心的違い

DX、デジタルトランスフォーメーションは、単にデジタル技術の導入にとどまらず、企業全体の変革と新たな価値の創出を目指すものです。

 

これはデジタイゼーションやデジタライゼーションとは一線を画す点であり、デジタル技術を活用することで企業文化やビジネスモデル自体を変える試みです。

 

現代ビジネスにおけるDXの必要性

 

デジタル時代の市場変動とDX

現代のビジネス環境は、デジタル技術の急速な発展と市場のグローバル化により、変化しています。

 

スマートフォンなどのデジタルデバイスの普及は、消費者の行動や価値観を変え、それに伴い新たなビジネスモデルや製品が登場しています。

 

これらの変化により、伝統的なビジネス手法では競争優位を維持することが困難になっており、DXへの取り組みが求められています。

 

技術進歩によるDXの推進

近年、クラウドサービス、AI、IoTなどの技術が進化し、新技術の導入にかかるコストと時間のハードルが低くなっています。

 

この結果、デジタル技術を活用した新興企業が増加し、既存ビジネスに挑戦する環境が整っています。

国内外を問わず、デジタル企業との競争が激化しており、企業はDXによる変革を迫られています。

 

DXへの取り組みが必要な理由

 

「2025年の崖」に直面する日本企業

日本企業は、「2025年の崖」というデジタル活用の遅れに関する問題に直面しています。

 

経済産業省の「DXレポート」によると、多くの企業ではICT環境の整備やデータ活用が進んでおらず、AIや5Gなどの新技術を取り入れるためのIT人材も不足しています。

 

これにより、国際競争力が低下し、経済的な損失が予想されています。

 

働き方改革とDX

新型コロナウイルスの影響で、多くの企業がテレワークを導入し、働き方改革が加速しています。

 

このような変化に対応するため、企業はクラウド化などのシステム更新とともに、根本的な働き方の変革が求められています。

 

こうした動きは、DXの重要性を一層高めています。

 

レガシーシステムからの脱却

多くの企業が古いシステム(レガシーシステム)に依存していますが、これらはメンテナンスコストの増大や運用の困難さを引き起こします。

 

DXレポートは、2025年までに多くの企業の基幹系システムがレガシーシステムになると予測しています。

レガシーシステムの更新はDXの一環として不可欠であり、これを機に全体的なビジネス変革を目指すことが重要です。

 

デジタル技術の高度化とビジネスへの影響

AI、IoT、5Gなどの技術進化は、ビジネス競争における重要な要素です。

 

これらの技術を効果的に活用することで、複雑化する顧客ニーズに応え、迅速に変わる市場トレンドに適応することが可能になります。

 

DX推進に必要なもの

DX推進における人材不足

情報処理推進機構(IPA)の調査によると、DXを推進するためには多岐にわたる職種が不足しています。

DXには専門知識を持つ人材が必要であり、これらの人材は現在市場で大幅に不足している状況です。

 

効果的なDXのための組織構造

DXに成功している企業の多くは、DX専門の組織を設置し、情報システム部門と協力しています。

このような組織構造が、DXの成果を最大化する鍵となっています。

 

企業は、外部からの人材確保が難しい場合でも、内部での人材育成と専門チームの設置に力を入れる必要があります。

 

日本企業におけるDXの現況と課題

国内のDX推進状態: 進捗と課題

日本国内におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の現状は、多くの企業がまだ取り組みの初期段階にあることが明らかです。

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が2022年に発表した「DX 推進指標 自己診断結果 分析レポート(2021年版)」によると、国内企業の約80%がDXを全社戦略の一部として効果的に推進する段階に至っていません。

 

さらに、約20%の企業

がDXの取り組みを開始すらしていない状況が確認されています。

 

国際的なデジタル競争力の位置づけ

日本企業のデジタル活用の遅れは、国際的な視点からも注目されています。

スイスの国際経営開発研究所(IMD)が公表した「世界デジタル競争力ランキング」では、日本は29位

 

という過去最低の順位に落ち込んでおり、特に東アジア地域内での遅れが顕著です。

 

企業のDXへの道のり

 

DX推進における日本企業の課題

日本企業がDXを進める上での課題は、以下の三つが特に顕著です。

まず、多くの企業がDXの必要性は理解していますが、具体的な実施方法や戦略が確立されていない状況があります。

 

次に、データ活用の方法についても不明確な点が多く、効果的な業務プロセスの改善につなげることが難しいという現実があります。

 

最後に、企業の体質自体が古いという問題が挙げられ、特に経営層のITやデジタル技術への理解不足がDX推進の妨げになっています。

 

DX推進のための戦略立案

DXを成功させるためには、まず「自社におけるDXの目的やビジョンが何であるか」を明確にすることが必要です。

 

これは、単なる技術導入ではなく、企業全体の戦略的な変革を意味するため、経営層の強いコミットメントと部門間の連携が不可欠です。

 

DXにおけるデータ活用の重要性

DXにおけるデータ活用は、単にデータを収集するだけでなく、それをどのように業務プロセスの改善に活かすかが鍵となります。

 

ここでは、具体的なデータ活用戦略の策定と実行が求められます。

 

IT部門だけに依存しない組織改革

現在の日本企業においては、IT部門だけにDXの責任を委ねる傾向がありますが、これでは十分な成果は得られません。

 

DXは組織全体の変革を伴うため、全社的な取り組みが必要です。企業は、経営層から現場までを巻き込んだ包括的なアプローチで、DXを進めるべきです。

 

DXへのロードマップ

 

企業のDX実行計画:ステップバイステップのアプローチ

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、企業ごとに異なるニーズや目標に合わせて実施されます。

以下に、DXを効果的に進めるための一般的なステップを示します。

 

現状分析と課題の特定

DXを開始するにあたり、まずは企業の現状を詳細に分析し、具体的な課題を明確にすることが重要です。

この過程では、組織の強みと弱みの識別、既存のシステムやプロセスの評価、人材の能力とリソースの検討が含まれます。

 

DXの目標設定とビジョン構築

次に、企業のビジョンや従業員の意見を反映させながら、具体的かつ挑戦的なDX目標を設定します。

 

例えば、「売上の倍増」や「革新的な新製品の開発」など、高い目標を設定することで、必要な変革の方向性を見定めることができます。

 

組織全体の合意形成

設定した目標は、経営層から社員に至るまで組織全体で共有される必要があります。

この段階では、目標に対する組織全体のコミットメントを確保することが重要です。

 

適切な人材の配置とチーム構築

DX推進にあたり、専門的なチームを設置し、適切な人材を配置することが求められます。

これには、外部からの人材確保や既存社員のスキルアップが含まれます。

 

デジタル戦略の策定と実行

DXの目標を達成するためには、具体的なデジタル戦略を計画し、実施する必要があります。

この戦略には、最新テクノロジーの活用やレガシーシステムの改善、データの整理と活用などが含まれます。

 

計画の実施と継続的な改善

計画した戦略の実行にあたっては、PDCAサイクルを活用して継続的な改善を図ります。

このプロセスでは、計画の効果を定期的に評価し、必要に応じて調整を行うことが重要です。

 

日本企業におけるDX実行の現状

 

DX推進における日本企業の位置づけ

日本企業のDX推進は、国際的な基準に照らして遅れを取っているという現状があります。

 

特に、スイスの国際経営開発研究所(IMD)による「世界競争力ランキング」では、日本は2022年で29位に位置づけられ、国際舞台において競争力が低下しています。

 

日本企業におけるDX推進の課題

DXを成功させるためには、変革の必要性を理解し、具体的な戦略を構築することが不可欠です。

 

しかし、多くの日本企業は、DXの具体的な方法や戦略が不明確であり、データ活用の方法や組織体質の古さが課題となっています。

 

DX人材の確保と組織体制の構築

DXを進めるためには、プロジェクトマネージャー、ビジネスデザイナー、テックリードなどの専門人材の確保が不可欠です。

 

これらの人材を確保するためには、外部からの人材獲得や既存社員のリスキリングが必要です。

 

デジタル化の推進とデータ活用

デジタル化により業務効率が向上し、データを蓄積・分析・活用することで、ビジネスの競争力を高めることができます。

データ分析に基づく意思決定は、組織の変革を加速し、新たな価値創造の源泉となります。

 

DX成功のための重要ポイント

 

経営層と現場の連携強化

DXの成功には経営層と現場の緊密な連携が不可欠です。

目的とビジョンを共有し、トップダウンおよびボトムアップのアプローチが必要です。

 

密接なコミュニケーションを通じて、組織内の溝を埋める努力が求められます。

 

DX人材の重要性と育成

DXを推進するためには、専門知識を持つ人材の育成や採用が欠かせません。

IT、AI、データサイエンス、マネジメントのスキルが特に重要です。

 

IPAが挙げたDXに不可欠な職種には、プロダクトマネージャーやビジネスデザイナー、テックリードなどが含まれます。

人材確保が困難な場合は、リスキリングや戦略的な採用が推奨されます。

 

ツール導入の役割理解

DXではツールやシステムの導入が不可欠ですが、これをゴールと見なしてはなりません。

ツール導入は課題解決の手段であり、目的や効果を明確にした上で進める必要があります。

 

顧客中心のDXアプローチ

DXの最終目標は収益最大化ですが、常に顧客を中心に据えることが重要です。

顧客視点を失い、業務効率化のみに注力すると、顧客の不便を増やしてしまう恐れがあります。

 

日本企業におけるDXの効果的な進め方

明確な目的設定

DXを進める際には、その目的を明確に設定することが重要です。

 

経営層からの強いコミットメントとリーダーシップが必要で、デジタル化後の世界や戦略を視野に入れて目標を設定します。

 

予算の確保

DX推進には十分な予算の確保が必要です。

既存の業務デジタル化から始め、中長期的な計画の下で必要な予算を計上する必要があります。

 

人材の育成と確保

DX成功の鍵は人材の育成と確保にあります。プロデューサー、ビジネスデザイナー、データサイエンティストなどの役割が重要で、社内のリスキリングや外部人材の活用が必要になります。

 

データ活用の重視

DXにおけるデータの収集と活用は、顧客体験の向上とビジネスモデルの変革に不可欠です。

顧客データを分析し、市場やニーズの変化に迅速に対応することが求められます。

 

OODAループの採用

DX推進においては、PDCAサイクルよりも迅速な意思決定が可能なOODAループを活用することが効果的です。

このアプローチを通じて、市場の変化に素早く対応し、ビジネスモデルの変革を実現することが重要です。

 

DX推進が企業にもたらす4つのメリット

 

イノベーション創出による競争力の向上

DXは、新しいビジネスモデルやサービスを生み出し、企業の競争力を高める効果があります。

例えば、AIの活用により、顧客のニーズに迅速に対応した製品開発が可能となります。

 

さらに、新しい技術を取り入れることにより、市場での独自性を高め、競争上の優位を築くことができます。

 

レガシーシステムの刷新による業務効率化

既存のレガシーシステムを更新し、最新のデジタル技術に置き換えることで、業務効率が大幅に向上します。

例えば、クラウドベースのシステム導入により、情報の共有が容易になり、業務プロセスがスムーズになります。

 

これにより、企業は無駄な時間とコストを削減し、より効率的に業務を進めることが可能になります。

 

労働生産性の向上

DXにより、時間を要する業務を自動化することで、従業員はより創造的かつ価値の高い業務に集中できるようになります。

 

これは、労働生産性の向上に直結し、企業の全体的なパフォーマンスの向上に寄与します。

また、デジタル化により柔軟な働き方が可能となり、従業員の満足度やモチベーションの向上にも繋がります。

 

BCPを充実させられる

DXは、事業継続計画(BCP)の充実にも寄与します。

 

例えば、クラウドサービスの活用により、自然災害や緊急事態が発生しても、リモートから業務を継続できる体制を構築できます。

 

これにより、万が一の事態においても、企業の業務遂行能力が維持され、リスクを最小限に抑えることが可能です。

 

DX推進における8つの課題

 

DXの導入は、企業にとって多くの利点をもたらすものですが、その過程で直面する課題も少なくありません。

ここでは、DXを実施する際に生じる典型的な課題を詳しく見ていきます。

 

会社全体の協力が必要

DXを実施する際には、単に技術の導入だけでなく、業務プロセスの根本的な見直しが求められます。

 

そのため、企業全体での理解と協力が不可欠です。経営層の決断に加え、IT担当者や各部門との密な連携が成功の鍵を握ります。

 

経営層のみの推進ではなく、従業員一人一人の意識改革が必要となります。

 

システム移行が困難

既存のシステムから新しいシステムへの移行は、技術的な困難を伴います。

既存の業務が従来のシステムに依存している場合、移行はスムーズに進まないことがあります。

 

また、過去の複雑化したシステムやIT人材の不足も移行を難しくする要因です。

 

長期的な目線が必要

DXは短期間で成果が現れるものではなく、中長期的な視点が必要です。

企業のビジネスモデルや組織構造の変革を伴うため、持続的な努力と時間が要求されます。

 

既存のシステムの仕様を把握できているか

DXを進めるにあたり、既存システムの正確な仕様を理解し、どのように変革を進めるかを検討する必要があります。

 

古いシステムのドキュメントが不足している場合や、システムの仕様を把握できない場合は、新システムへの移行に大きな障害となります。

 

費用を用意できるか

DXの推進には十分な財源が必要です。

新システムの導入や既存システムの更新には、想定外のコストが発生する可能性があります。

 

予算の計画と管理はDXの成功に不可欠な要素です。

 

DXを進めるための人材を確保できるか

DX推進に適した人材の確保は、多くの企業にとっての大きな課題です。

DXに必要な知識やスキルを持つ人材が不足している場合、外部からの人材確保や内部での育成が求められます。

 

社内の課題を発見できるか

DXを進めるためには、まず社内に存在する課題を明確にする必要があります。

既存の業務プロセスやシステムに潜む問題点を発見し、改善策を立案することが重要です。

 

課題発見のプロセスはDXの基盤となります。

DXを推進するにあたっては、これらの課題に対する的確な対応策を立て、組織全体で取り組むことが成功の鍵です。

 

DXを達成するための12のポイント

 

12のポイント早見表

順番 DX推進のポイント 具体例
1 目的を設定する オンラインとオフラインの融合を目指す小売業。
2 必要な予算を十分に確保する Eコマースプラットフォーム構築予算の計上。
3 経営陣や社内メンバーを巻き込む 月例ミーティングでのDX計画共有。
4 DX人材の育成と確保を行う データ分析スキルを持つ従業員の内部研修。
5 デジタルに詳しい人材を確保する ITコンサルタントやデータサイエンティストの採用。
6 仕組みのデジタル化・IT化を進める 紙ベースの注文システムをデジタル化。
7 データの活用ができるようにする 顧客データに基づくマーケティング戦略の展開。
8 AIを導入する 顧客サービスにチャットボットを導入。
9 顧客目線を忘れない 顧客フィードバックを製品開発に活用。
10 DXのためのツール導入をゴールと錯覚しない CRMシステム導入後の顧客関係管理の継続改善。
11 DX推進のためにOODAを実行する 市場動向を観察し、迅速なマーケティング戦略を実施。
12 仕組みのデジタル化・IT化を進める 社内の全業務プロセスをデジタル化し効率化を追求。
  1. 目的を設定する
    例:小売業での目的設定は、オンラインとオフラインの融合による顧客体験の向上と収益増加を目指すことが挙げられます。
  2. 予算を確保する
    例:Eコマースプラットフォーム構築やCRMシステム導入に必要な予算を計上します。
  3. 経営陣や社内メンバー全体で取り組む
    例:月例ミーティングでDXの重要性を共有し、各部門のリーダーと協力して実施計画を立案します。
  4. DX人材の育成と確保を行う
    例:データ分析スキルを持つ従業員を内部研修で育成するか、専門知識を持つ外部人材を採用します。
  5. デジタルに詳しい人材の登用
    例:ITコンサルタントやデータサイエンティストを採用して、DX推進チームを強化します。
  6. デジタル化・IT化の促進
    例:紙ベースの注文システムをデジタル化し、オンラインでの注文処理システムに移行します。
  7. データの活用
    例:顧客データを分析してパーソナライズされたマーケティング戦略を展開します。
  8. AIを導入する
    例:顧客サービスにチャットボットを導入し、24時間対応の自動顧客サポートを実現します。
  9. 顧客目線を取り入れる
    例:顧客フィードバックを収集し、それを製品開発やサービス改善に活用します。
  10. DXのためのツール導入をゴールと錯覚しない
    例:CRMシステム導入後、顧客関係管理の改善を実現するための継続的な改善活動を行います。
  11. OODAを用いてDXの推進を行う
    例:市場動向を定期的に観察し、迅速な意思決定を行って新たなマーケティング戦略を実施します。
  12. 仕組みのデジタル化・IT化を進める
    例:最終的には、社内の全ての業務プロセスをデジタル化し、効率化と革新を継続的に追求します。

企業によるDXの取り組み事例

 

中外製薬

DX戦略

中外製薬では、R&Dコストの増大に対応し、AIなどのデジタル技術を活用してデータを解析し、開発期間の短縮やコスト削減、成功率の向上を目指しています。

 

2019年には、全社的なデジタルおよびIT戦略を担う部門を設立し、経営陣と協議して「CHUGAI DIGITAL VISION 2030」を策定しました。

 

このビジョンでは、デジタル技術を利用して革新的なヘルスケアソリューションを提供するトップイノベーターになることが目標とされています。

 

RWD(リアルワールドデータ)の活用

RWDは、電子カルテや健診結果、ウェアラブルデバイスからのデータなどを含みます。

これらのデータは、新薬の承認申請や医療意思決定の根拠として活用される可能性があります。

 

しかし、RWDの活用には、データの正確性や信頼性、利用のための環境整備など、いくつかの課題があります。

 

Generative AIの活用

中外製薬では、Generative AIを活用して、部門ごとの業務効率化や新しい価値創出を推進しています。

 

これには、AI技術を活用した新薬創出やデータサイエンティスト、サイバーセキュリティ、ソフトウェアエンジニア、デザイナーなどの職種におけるスキルの高度化が含まれます。

 

また、Generative AIに関連する知見や活用スキルの強化も重要視されています。

以下で企業様のDXの取り組み紹介をしております。

 

ソフトバンクの物流DX

九州電力が主導するDX変革

兵神装備が描く工場の未来

商船三井のDX推進

富士フイルムホールディングスのセキュリティ革新

ブリヂストン:DXによる事業改革

味の素グループのDX戦略

デジタルトランスフォーメーションを加速する清水建設のDX

DXについてのまとめ

 

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、現代のビジネスにおいて不可欠な要素となっています。

 

企業が競争優位性を維持し、効率化、イノベーション、顧客満足度の向上を実現するために、DXの採用と推進が必須です。

 

DXの進展は、企業が新しいビジネスモデルを構築し、既存のプロセスをデジタル化することで、業務の自動化やデータ駆動型の意思決定を可能にします。

 

これにより、新しい市場の機会を捉え、組織の柔軟性と反応速度を高めることができます。

 

ヘルスケア業界をはじめ、多くの産業でデジタル技術の導入が加速しており、遠隔診療、AIの活用、データ分析などが新たな価値を生み出しています。

 

企業はDXにより、顧客のニーズにより迅速かつ効果的に応え、持続可能な成長を実現することができます。

 

しかし、DXの成功には、明確な目的設定、適切な予算の確保、経営陣と従業員の連携、適切な人材の確保と育成、データの活用、そして継続的な改善が必要です。

 

このように、DXは単なるテクノロジーの導入を超え、企業文化や組織戦略に深く根ざしたアプローチとして捉えられるべきでしょう。

RELATED

関連記事

NEWPOST

新着記事

RANKING

月間ランキング

HOTWORD

注目ワード

CONTENTS

コンテンツ一覧

掲載記事から探したいキーワードを入力してください。

HOTWORD

注目ワード